【ストライダー】種類の違いは?おすすめは?選び方をわかりやすく解説【比較表あり】

悩める女性

ストライダーはどの種類・モデルを選べばいいの?
それぞれの違いについて詳しく教えてほしいな。

この記事は、こんな悩みを解決します。


ストライダーにはたくさんの種類・モデルがあってわかりにくいですよね。

最初にお伝えすると、ストライダーにはサイズが2種類(12インチと14インチ)ストライダー12インチにのみ6つのモデルがあります。

ストライダーの種類

  • ストライダー12インチ
  • ストライダー14x(14インチ)

ストライダー12インチのみ6つのモデル

また、0歳から乗れるロッキングストライダーというものもあります。

つまり、ストロイダーはたっちを始めた0歳の時期から、最長7歳まで乗れるランニングバイクなんです。

ストライダーを選ぶ際の大事なポイントはお子さんの年齢や身長にあったものを選ぶこと!
また、ストライダーの特徴を理解した上で、ほしいスペックを備えたものを選ぶと後悔しません^^

比較した上で、わが家のおすすめの選び方を先にお伝えしておきますね!

  • 0歳から始めるならロッキングストライダー
  • 1歳半から始めるならストライダー12インチのスポーツモデル
  • 軽さとレースを重視するならストライダー12インチのプロモデル
  • 3歳半から始めるなら、自転車にもなり、7歳まで乗れるストライダー14x
うたのん

上記はあくまでも参考まで^^
ストライダーの違いを知って、お子さんが最高の一台に出会えますように。

改めて、本記事ではストライダーの選び方について解説していきます。
それぞれの違いについてわかりやすく解説しているため、読み終わったらきっとほしいストライダーが見つかっているはずです!

お得情報

ぜひ最後までご覧ください。

>> ストライダーとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

ストライダーの違いを徹底比較【比較表】

ストライダーには0歳から乗れるロッキングストライダー、1歳半から乗れるストライダー12インチ、3歳半から乗れるストライダー14xがあります。
それぞれの違いをわかりやすく表にしました。

モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ロッキングストライダー
スポーツ0歳〜1歳半18kg迄7色
5.8kg12インチ軟質樹脂素材22mmクッション有り標準&ロングサイズの2種類26,840円~こちら
ストライダー12インチ
スポーツ
1歳半〜5歳70-115cm27kg迄7色
3kg12インチ軟質樹脂素材22mmクッション有り標準&ロングサイズの2種類16,940円こちら
クラシック1歳半〜5歳70cm〜115cm27kg迄4色
2.9kg12インチ硬質プラスチック類27mmクッション無し標準サイズのみ13,750円こちら
PRO1歳半〜5歳70-115cm5色
2.5kg12インチ軟質性樹脂20.8mmクッション有り標準&ロングサイズの2種類24,750円こちら
ST-R1歳半〜5歳70-115cm27kg迄1色
2.7kg12インチパフォーマンスシート
22.2mmクッション無し標準&ロングサイズの2種類100,100円こちら
ストライダー14x
14x3歳半〜7歳95-125cm36kg迄4色
7.4kg(ペダル有)14インチ軟質樹脂素材(防水素材)22.2mmクッション無し29,700円こちら
ストライダー基本情報【参照:こちら
※表にはないですが、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンモデルとストライダー×神山隆二モデルは、ストライダー12のスポーツモデルをベースに作られています。

【年齢別】ストライダーの選び方

0歳〜1歳半くらいのお子さんには「ロッキングストライダー」がおすすめ

画像引用元:ストライダージャパン
ロッキングベース×ストライダー=ロッキングストライダー

0歳から1歳くらいのお子さんには、ロッキングベースとストライダー12(スポーツモデル)がセットになったロッキングストライダーがおすすめ!

ロッキングストライダーの対象年齢は、つかまり立ちで歩けるようになる0歳から1歳半くらいまで!
0歳の赤ちゃんでも、木馬のようにゆらゆら揺れて遊びながら、体幹やバランス感覚を磨くことができます。

1歳半頃になると、ロッキングベースを外し、通常のストライダーとして5歳くらいまで長く乗れます。

ロッキングストライダーがおすすめな人

  • 0歳からストライダーデビューしたい
  • 0〜5歳まで長く使いたい
うたのん

わが家の息子は0歳からロッキングストライダーデビューしました!

モデル対象年齢体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ロッキングストライダー
スポーツ0歳〜1歳半18kg迄7色
5.8kg12インチ軟質樹脂素材22mmクッション有り標準&ロングサイズの2種類26,840円~こちら
ロッキングストライダーの基本情報【参照:こちら

ロッキングストライダーの体験レポ

1歳半〜3歳半くらいのお子さんには「ストライダー12インチ」がおすすめ

1歳半〜3歳半までのお子さんには、ストライダー12インチがおすすめ。
ストライダー12インチの目安身長は70cm〜115cmです。

うたのん

ストライダー12インチの対象年齢は1歳半〜5歳まで。
しかし、3歳半から始めるなら、7歳まで乗れるストライダー14xも選択肢に入ります。
そのため、ストライダー12のおすすめ年齢は「1歳半〜3歳半」のお子さんにしています。

ストライダー12インチには6つのモデルがあり、中でも一番人気はスポーツモデル
次に人気があるのはクラシックモデルです。

各モデルの特徴やおすすめポイントについて順番に解説します。

関連記事 【ストライダー】スポーツモデルとクラシックモデルはどっちがおすすめ?違いを徹底比較!

① クラシックモデル

ストライダー|クラシックモデル(画像元こちら)

ストライダーのクラシックモデルは、ストライダーができた頃からあるモデルで、6つのモデルの中で一番価格が安いのがポイント。

多くの方は、クラシックとスポーツモデルのどちらにするかで悩むと思います。
そこで両者の違いを比較してみました!

スポーツモデル
クラシックモデル
  • 重さ:3kg
  • 選べるカラー:7色
  • シート:軟質樹脂素材(防水素材)
  • シートポスト:標準&ロングサイズ
  • 高さ調節工具不要
  • ハンドルグリップの太さ:22mm
  • ハンドルバーパット:有り
  • フットステップ:有り
  • 価格:16,940円
  • 重さ:2.9kg
  • 選べるカラー:4色
  • シート:硬質プラスチック類
  • シートポスト:標準サイズのみ
  • 高さ調節:工具必要
  • ハンドルグリップの太さ:27mm
  • ハンドルバーパット:無し
  • フットステップ無し
  • 価格:13,750円

比較した結果、重さと価格ならクラシックそのほかはスポーツタイプが優れていることがわかりました!

クラシックとスポーツモデルの価格差は3,190円

スポーツモデルがおすすめな人

  • 定番カラー(レッド・グリーン・ブルー・ピンク)から選びたい
  • 価格を抑えたい
うたのん

クラシックモデルは価格重視の方におすすめです。

モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ストライダー12インチクラシック1歳半〜5歳70cm〜115cm27kg迄4色
2.9kg12インチ硬質プラスチック類27mmクッション無し標準サイズのみ13,750円こちら
ストライダー12インチクラシックモデルの基本情報【参照:こちら

\価格を重視するならこれ!/

関連記事 【ストライダー】スポーツモデルとクラシックモデルはどっちがおすすめ?違いを徹底比較!

② スポーツモデル

ストライダー|スポーツモデルの特徴まとめ(実物)

ストライダーのスポーツモデルは一番人気のモデルです。

スポーツモデルのおすすめポイント

  • 選べる色は7色と最も多い!
    クラシックにはない、スポーツモデルだけ選べる色は「オレンジ・イエロー・ブラック」の3種類です。

  • シートの素材は軟質樹脂(防水素材)
    シートはクッション性があるため乗り心地が良く、防水素材なので雨に濡れても手入れがしやすいです。

  • シートポストは標準・ロングサイズの2つがついている
    標準サイズは1歳半〜3歳くらいのお子さん向け。
    ロングサイズは4〜5歳のお子さん向けです。
    将来お子さんが大きくなってシートを高くする必要があるときに、パーツを買い足す手間を省けます

  • ハンドルバーの太さは22mm。クラシックの27mmと比べて5mmも細い
    1歳くらいの小さなお子さんには、ハンドルは細い方が握りやすくておすすめです。

  • ハンドルバーパットがついている
    万が一頭をぶつけても怪我をする心配が少なくすみます

  • フットレスト(足乗せステップ)がついている
    車体に足を乗せやすく、滑りにくいです!
    フットレストがあることで、スタンディングポジションなどの乗り方にチャレンジできます。

スポーツモデルがおすすめな人

  • 一番人気のモデルを選びたい
  • カラーのバリエーションは多い方がいい
  • シートはクッション性と乗り心地にこだわりたい
  • 将来パーツを買い足す手間を減らしたい
  • ハンドルは細くて握りやすい方が安心
  • ハンドルバーパットやフットレストはあった方が良い
うたのん

よりお子さんが快適に乗るならスポーツモデルがおすすめです!

モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ストライダー12
スポーツ
1歳半〜5歳70-115cm27kg迄7色
3kg12インチ軟質樹脂素材22mmクッション有り標準&ロングサイズの2種類16,940円こちら
ストライダー12インチスポーツモデルの基本情報【参照:こちら

\迷ったらスポーツモデルで間違いない!/

③ プロモデル

ストライダー|プロモデル(画像元:こちら)

ストライダーのプロモデルは、車体の主要パーツ(本体フレーム・ハンドル・フロントフォーク)にアルミニウムが使われていて、2.5kgと軽いのがポイント

スポーツモデルの車体はスチール素材で重さは3kgなので、比べると500グラムも差が出ます。

うたのん

500グラムは大根半分くらいの重さ!

車体は軽い方が運転しやすいため、「ストライダーカップに出たい!」という方にはストライダープロをおすすめします。

ストライダープロの車体は、プロだけのメタリックカラー。
プロの称号「ナンバーワン」デザインのナンバープレートも標準装備(取り外し可能)されていて、見た目のかっこよさが際立っています。

ただし、価格はスポーツモデル(16,940円)に比べて7,810円高いです。

ストライダーのプロモデルがおすすめな人

  • プロモデル限定カラー(メタリックマルーン・メタリックパープル・メタリックアクア・ウルトラブルー・シルバー)から選びたい
  • 車体は一番軽いものを選びたい
  • ストライダーの大会に出場したい
うたのん

プロモデルは車体の軽さが売り!
ストライダーの大会に出場する方におすすめのモデルです。

モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ストライダー12PRO1歳半〜5歳70-115cm5色
2.5kg12インチ軟質性樹脂20.8mmクッション有り標準&ロングサイズの2種類24,750円こちら
ストライダー12インチPROの基本情報【参照:こちら

\軽さ重視!大会に出場したい方におすすめ/

④ ST-Rカーボンモデル

ストライダー|ST-Rカーボンモデル(画像元:こちら)

ストライダーのST-Rは、主要パーツ(フレーム、フロントフォーク、リム、ハンドルバー、シートポスト)にカーボンファイバーを採用した、究極のレーシングモデルです。

カーボンファイバーは航空機や高級スポーツカーに使用される素材で、強度(鉄の10倍)と軽さ(車体2.7kg)を兼ね備えています

現在販売されているST-Rは2022年1月に発売されたもので、カラーは「エクスポーズドカーボンウェイブ×ブルー」の一種類のみ。

微妙な点を挙げるとすればやはり価格です。なんと10万円越え
値段が高い理由には、加工の難しさと製造コストが影響しているそう。

ストライダーのST-Rがおすすめな人

  • 究極のレーシングモデルを手に入れたい
  • 強度と軽さを両立したバイクを選びたい
  • 他の人と被りにくいモデルを選びたい
うたのん

自転車好きにはたまらない!
究極のレーシングモデルを手に入れたい方におすすめです。

モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ストライダー12ST-R1歳半〜5歳70-115cm27kg迄1色
2.7kg12インチパフォーマンスシート
22.2mmクッション無し標準&ロングサイズの2種類100,100円こちら
ストライダー12インチST-Rの基本情報【参照:こちら

\究極のレーサーモデル/

⑤ セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンモデル

ストライダー|セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンモデル(画像元:こちら)

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンモデルは、子ども支援国際組織「セーブ・ザ・チルドレン」とストライダーのコラボレーションモデル。

購入すると、1台あたり1,000円がセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付される仕組みとなっています。
寄付されたお金は、子どもたちの課題解決のために使われます。
(詳しく知りたい方はこちら)

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンモデルのベースはスポーツモデルで、カラーは「ピュアホワイト」のみ。
価格は、スポーツモデル(16,940円)より1,100円高いです。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンモデルがおすすめな人

  • 子ども支援国際組織「セーブ・ザ・チルドレン」を寄付で応援したい
  • 他の人と被りにくい色「ピュアホワイト」を選びたい
  • ベースはスポーツモデルがいい
うたのん

セーブ・ザ・チルドレンは世界で最も歴史のある子ども支援の国際組織。
子どもたちへの教育支援活動や、自然災害・紛争などの人道支援活動、子どもの貧困問題などに取り組んでいます。
ピュアホワイトはとっても可愛くてオシャレです!

モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ストライダー12セーブザチルドレンモデル1歳半〜5歳70-115cm27kg迄1色
3kg12インチ軟質性樹脂22.2mmクッション無し標準&ロングサイズの2種類18,040円こちら
ストライダー12インチ|セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンモデル基本情報【参照:こちら

⑥ ストライダー×神山隆二モデル

ストライダー×神山隆二モデル(画像元:こちら)

ストライダー×神山隆二モデルは、東京出身のアーティスト・神山隆二さんとストライダーがコラボした限定モデル。

カラーは「マットグレー×オレンジ」の一色のみ。
フレームとフロントフォーク部分がマット塗装になっていて、質感がオシャレ。

ベースはスポーツモデルで、オリジナルデザインのナンバープレートも付属します。
値段はスポーツモデル(16,940円)より1,210円高いです。

ストライダー×神山隆二モデルがおすすめな人

  • オシャレなストライダーに乗りたい
  • マットな質感が好き
  • ベースはスポーツモデルがいい
うたのん

マット感のあるストライダーに乗りたい方におすすめ!
アーティストさんとのコラボなだけあり、かなりオシャレなので、乗っていると目立つこと間違いなし!

モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ストライダー12神山隆二モデル1歳半〜5歳70-115cm27kg迄1色
3kg12インチ軟質性樹脂22.2mmクッション無し標準&ロングサイズの2種類18,150円こちら
ストライダー12インチ×神山隆二モデル基本情報【参照:こちら

3歳半〜7歳くらいのお子さんには「ストライダー14x」がおすすめ

ストライダー14x(14インチ)(画像元:こちら)

3歳半〜7歳までのお子さんには、ランニングバイクとしても、自転車としても乗れるストライダー14xがおすすめ。
ストライダー14xの目安身長は95cm〜125cmです。

ストライダー14xには、ゴムタイヤとブレーキが標準装備されています。
そして、ペダルを後付けできる「ペダルユニット」が付いています。

ペダルユニットを装着すると自転車として乗ることができ、外すとランニングバイクとして乗れます。
ペダルユニットの装着は簡単で、慣れると1分で取り付け可能なのは嬉しいポイント!

重さはランニングバイク時は5.9kgと軽く、ペダルユニット装着後の自転車時は7.4kgです。
選べるカラーは「サンシャインオレンジ、ライムイエロー、スティールブルー、フューシャピンク」の4色。

ストライダー14xがおすすめな人

  • 3歳半からストライダーを始めたい
  • ランニングバイクとしても、自転車としても使いたい
  • 自転車に乗る練習がしたい
うたのん

ストライダー14xは、ランニングバイクとしても、自転車としても楽しめます!
軽量なので、自転車デビューの方にもおすすめです^^

モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートハンドルバー径ハンドルバーシートポスト価格公式HP
ストライダー14x
14x3歳半〜7歳95-125cm36kg迄4色
5.9kg(ペダル無し)/7.4kg(ペダル有)14インチ軟質樹脂素材(防水素材)22.2mmクッション無し29,700円こちら
ストライダー14x(14インチ)の基本情報【参照:こちら

\3歳半から乗り始めるならこれ/

ストライダー|スポーツモデルとクラシックモデルの違いは?

ストライダーで人気のスポーツモデルとクラシックモデル。
「どちらを選べば後悔しない?」と悩むあなたへ、両者の違いを9項目で徹底比較しました!

スポーツモデル
クラシックモデル
  • 重さ:3kg
  • 選べるカラー:7色
  • シート:軟質樹脂素材(防水素材)
  • シートポスト:標準&ロングサイズ
  • 高さ調節工具不要
  • ハンドルグリップの太さ:22mm
  • ハンドルバーパット:有り
  • フットステップ:有り
  • 価格:16,940円
  • 重さ:2.9kg
  • 選べるカラー:4色
  • シート:硬質プラスチック類
  • シートポスト:標準サイズのみ
  • 高さ調節:工具必要
  • ハンドルグリップの太さ:27mm
  • ハンドルバーパット:無し
  • フットステップ無し
  • 価格:13,750円

結論をお伝えすると「スポーツモデルを選ぶ」のが大正解!

スポーツとクラシックの価格差は3,190円ですが、スポーツモデルにはクラシックには無い「フットステップ・XLロングシート・ハンドルバーパット」の3つが標準装備されており、仕様もスポーツモデルが断然上です。

子どもの安全面や長く使えることを考えると、スポーツモデルを選んで間違いありません。

関連記事 【ストライダー】スポーツモデルとクラシックモデルはどっちがおすすめ?違いを徹底比較!

ストライダー|スポーツモデルとプロモデルの違いは?

ストライダーのプロモデルは、大会に出場し上位を目指したい方におすすめ。
プロモデルのボディ素材はアルミのため、軽くて強度があるのが特徴。

スポーツモデルとクラシックモデルの違いを比較したものがこちら。

モデルボディ素材重さカラーナンバープレート価格公式HP
ストライダー12インチ
スポーツ
スチール3kg7色
無し16,940円こちら
PROアルミ2.5kg5色
標準装備24,750円こちら
ストライダー|スポーツモデルとプロモデルの違いを比較【参照:こちら

スポーツモデルがおすすめな人

  • ストライダーをはじめて購入する方
  • 公園や芝生などで遊ばせたい方

プロモデルがおすすめな人

  • ストライダーの大会などに出て、上位を狙いたい方
  • 軽くて剛性の高いストライダーが欲しい方

ストライダー のメリット・デメリット

メリット4つ
デメリット3つ
  • 0歳から乗れる
  • 長く使える
  • バランス感覚や体幹を鍛えることができる
  • ストライダー14インチを選ぶと、自転車としても使える
  • 公道を走れない
  • 場所をとる
  • 値段が高い

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

>> ストライダーとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

ストライダー購入方法|お得に買えるおすすめショップはどこ?

ストライダーを購入する際は、日本正規代理店「ストライダージャパン」が運営する公式ショップで買うのがおすすめです。

購入方法① 楽天市場で買う

楽天市場は日本正規代理店「ストライダージャパン」が運営する公式ショップ。
直営店のため、安心感が違います!

楽天ポイントも付くので、楽天市場経由での購入がお得でおすすめです^^

楽天で購入する際は「5と0のつく日」「ショップ買い周り」などのキャンペーン時に購入するのがおすすめ!
ポイント還元率がUPするため、さらにお得に購入できますよ^^

\ストライダージャパン直営店/

購入方法② Amazonで買う

Amazonの「日本正規品」と書かれたストライダーは、日本正規代理店「ストライダージャパン」のものなので安心!

Amazon Prime会員の方、Amazonカードを保有している方は、ポイントが高くつくこともあるため、楽天とAmazonどちらで買うのがお得か比較して決めるのがおすすめです。

\ストライダージャパン公式経由で安心/

まとめ|ストライダーの選び方、わが家のおすすめはこれ!

本記事では、ストライダーの選び方についてご紹介しました。

これまでの内容をまとめます。

ストライダーにはサイズが2種類(ストライダー12と14x)ストライダー12にのみ6つのモデルがあります。

また、0歳から乗れるロッキングストライダーもあります。

それぞれの特徴を比較した結果、わが家のおすすめはこちらです!

うたのん

それぞれの特徴を知った上で、お子さんにあったベストなストライダーを見つけてくださいね♩

\気になるところを、もう一度読む/

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

関連記事 【ストライダー】スポーツモデルとクラシックモデルはどっちがおすすめ?違いを徹底比較!

関連記事 ストライダーはいつからいつまで?【年齢・身長別】ストライダーの選び方

>> ストライダーとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

>> 【ストライダー0歳からデビュー】わが家にロッキングストライダーがやってきた!

コメント

コメントする