ストライダーとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

悩める女性

ストライダーってなに?
メリット・デメリットについて詳しく教えてほしいな。

この記事は、こんな悩みを解決します

ストライダーは足で地面を蹴って進むランニングバイク
三輪車や補助輪付き自転車と違って、ストライダーにはペダルやブレーキがありません。
ストライダーに乗ることで、お子さんはバランス感覚を養うことができます

ペダルの無い、足で蹴って進む自転車のことを「ランニングバイク」「キックバイク」「バランスバイク」などと呼びます。
ストライダーは数ある「ランニングバイク」の中でダントツ人気のバイクです。

本記事では、ストライダーの特徴や基本情報、メリット・デメリットについてわかりやすく解説していきます。

ストライダーのメリット
  • バランス感覚が身につく
  • 長く使える
  • ストライダー14インチを選ぶと、自転車としても使える
ストライダーのデメリット
  • 公道を走れない
  • 場所をとる
  • 値段が高い

\0〜1歳半のお子さんにおすすめ/

  • 商品名:ロッキングストライダー
  • モデル:スポーツモデル
  • 対象年齢:0〜1歳半
  • 使い方:乗馬のようにゆらゆら揺れて遊ぶ

\1歳半〜5歳のお子さんにおすすめ/

  • 商品名:ストライダー12インチ
  • モデル:スポーツモデル
  • 対象年齢:1歳半〜5歳
  • 使い方:足で地面を蹴って進み、バランスをとりながら楽しむ

\3歳半〜7歳のお子さんにおすすめ/

  • 商品名:ストライダー14インチ(ペダルあり)
  • 対象年齢:3歳半〜7歳
  • 使い方:足で地面を蹴って進むことも、自転車として乗ることも、どちらもできる

ぜひ最後までご覧ください。

関連記事 【ストライダー】種類の違いは?おすすめは?選び方をわかりやすく解説

目次

ストライダーの基本情報【表あり】

ロッキングストライダーに乗る0歳息子
モデル対象年齢身長目安体重目安カラー重さホイール
サイズ
シートグリップ径ハンドルバークッションシートポスト公式HP
ロッキングストライダー
スポーツ0歳〜1歳半18kg迄7色
5.8kg12インチ軟質樹脂素材(防水素材)22mm有り標準&ロングサイズの2種類こちら
ストライダー12
スポーツ
1歳半〜5歳70-115cm27kg迄7色
3kg12インチ軟質樹脂素材(防水素材)22mm有り標準&ロングサイズの2種類こちら
クラシック1歳半〜5歳70-115cm27kg迄4色
2.9kg12インチ硬質プラスチック類27mm無し標準サイズのみこちら
ストライダー14x
3歳半〜7歳95-125cm36kg迄4色
7.4kg(ペダル有)14インチ軟質樹脂素材(防水素材)22.2mm無しこちら
ストライダー基本情報【参照:こちら

ストライダーってなに?

ストライダーは2007年にアメリカで発売されて以来、300万台以上を販売し、世界中の子どもたちに愛される乗り物です。

ストライダーの特徴はペダルが無いこと。
三輪車や補助輪付き自転車のこぐ動作とは異なり、子どもが足で地面を蹴って進みます

ストライダーは直感的にバランスをとりながら乗るため、平衡感覚や体感を鍛えることができます。

対象年齢

対象年齢は、通常1歳半から5歳のお子さんが対象。
しかし、年齢別に用意されたパーツやバイクを使用することで、0歳の赤ちゃんから7歳のお子さんまで長く楽しめます

関連記事 ストライダーはいつからいつまで?【年齢・身長別】ストライダーの選び方

0〜1歳半向け|ロッキングストライダー

0歳から楽しみたい方は「ロッキングストライダー」(ストライダー12インチ×ロッキングベースのセット)をおすすめします。
つかまり立ちをはじめた0歳の赤ちゃんでも、木馬のようにゆらゆら揺れて楽しめます。

関連記事 【ストライダー0歳からデビュー】わが家にロッキングストライダーがやってきた!

1歳半から5歳向け|ストライダー12

1歳半から5歳までは、12インチのストライダーで地面を蹴って楽しみます。

ストライダー12にはさまざまなモデルがあります。一番人気はスポーツモデルです。

モデルの種類

  • スポーツモデル:1番人気!1歳半~5歳まで乗れる
  • クラシックモデル:価格を抑えたい方向け
  • PROモデル:ストライダーの大会に出場したい方向け
  • ストライダーST-R:PROを超える最強のスペックを手に入れたいあなたへ

\一番人気はスポーツモデル/

3歳半から7歳向け|ストライダー14x

3歳半から始めるお子さんには、14インチのストライダーがおすすめです。

ペダルの装着が後付けできるため、ストライダーとして足で蹴って楽しむことも、自転車として乗ることも、どちらも楽しめます。

レーシングモデルもある

ストライダーには「ストライダーST-R」といってレーサーモデルも発売されています。

特徴は主要パーツがカーボン素材でできていて、とにかく軽いこと。
しかし値段は一台あたり10万円超えです。

自分好みにカスタムできる

ストライダーの魅力の一つに、パーツ&アクセサリーの豊富さがあります。

欲しいパーツを個別に買い足していけるため、ストライダーを自分好みにアレンジできます。

また、雪の上を滑ることができる「スキーアタッチメント」など、楽しいオプションも豊富です。

ストライダーレースが開催されている

最後になりますが、ストライダーを持っている人が参加できるレースも複数開催されています。

一番人気の大会は「ストライダーカップ」。レースに参加できる対象年齢は2歳から6歳までです。

このように、ストライダーは子どもの成長を感じながら、長く楽しめるところも大きな魅力の一つです。

ストライダーのメリット・デメリット

ここではストライダーのメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット3つ
デメリット3つ
  • バランス感覚が身につく
  • 長く使える
  • ストライダー14インチを選ぶと、自転車としても使える
  • 公道を走れない
  • 場所をとる
  • 値段が高い

順番に解説します。

メリット① バランス感覚が身につく

ストライダーに乗ると、バランス感覚を身につけることができます。
ストライダーは三輪車と違い、子どもが足で地面を蹴って前へ進み、曲がるときは自然に体重移動をして曲がります。

このように、ストライダーは子どもが自分の体を使って、バランスを取りながら乗る必要があるため、バランス感覚を養うことができると言われています。

一方、三輪車は前に進むためにペダルを漕いだり、ハンドルを切ったりする必要がありますが、この動作にはバランスは必要ありません。

メリット② 長く使える

0歳息子がロッキングストライダーに乗っているところ

ストライダーは0歳の赤ちゃんから7歳のお子さんまで長く楽しむことができます。

ロッキングストライダーを買うと、つかまり立ちやたっちで歩き始めた0歳の赤ちゃんでも楽しめます。
木馬のようにゆらゆら揺れて楽しむだけでも、赤ちゃんはバランス感覚を養い、体幹を鍛えることができます。

ストライダー12インチは、1歳半から5歳まで乗れます。
ストライダー14インチは、3歳半から7歳まで乗ることができ、ペダルを後付けできるため、自転車としても使えて便利です。

乗用おもちゃを考えているなら、長く使えるストライダーはとてもおすすめです^^

関連 【ストライダー】種類の違いは?おすすめは?選び方をわかりやすく解説

メリット③ ペダルつきのストライダーもある

1歳半から5歳までを対象としたストライダー12インチはペダルに対応していません。

一方、ストライダー14xはペダルを後付けすることができるため、自転車として利用することが可能です。




つづいて、デメリットについて説明します。

ストライダーのデメリット
  • 公道を走れない
  • 場所をとる
  • 値段が高い

デメリット❶ 公道を走れない

ペダルのないストライダーは、道路交通法によって一般公道での走行は禁止されているため、公道では乗らないように気をつけましょう。

ストライダー14xのペダルバイクモード時のみ、自転車として公道走行することが可能

デメリット❷ 場所をとる

ストライダーは大きいため、保管場所の確保が必要です。

わが家は都内2LDKの収納少なめ住宅に住んでいるため、リビングの一角に置いています。

うたのん

買って後悔はないのですが、正直邪魔だなとは思います。

デメリット❸ 値段が高い

ストライダーの金額は、おもちゃとしては高額です。
一番安いものでも1万円超えです。

ただし、ストライダー12の対象年齢は「0歳から5歳まで」、ストライダー14xは「3歳半から7歳まで」と長く使えるのは嬉しいポイント。
最初にかかる費用は高額ですが、一時的に使うおもちゃではないため、長い目でみるとお得です。

一番安いのはクラシックモデルで、金額は13,750円
一番高いのはST-Rカーボンモデルで、金額は100,100円です。

モデル価格
ロッキングストライダー
スポーツ26,840円~
ストライダー12
スポーツ
16,940円
クラシック13,750円
PRO24,750円
ST-R100,100円
ストライダー14x
14x29,700円
ストライダーの価格一覧【参照:こちら
うたのん

モデルによって値段はもちろんのこと、スペックや選べるカラーも変わってきます。
それぞれの違いを知った上で選ぶと、買って後悔しません^^

関連記事 ストライダー|種類の違いは?おすすめは?選び方をわかりやすく解説【比較表あり】

ストライダーは危ない!?乗るときは安全ルールを守ろう【注意点】

ストライダーは場合によっては危ないです。
実際にストライダーに乗っていて、事故に遭い亡くなってしまったお子さんがいます。

事故を起こさないためにも、ストライダーで遊ぶ際は、必ず安全ルールを守って遊ぶようにしましょう
(安全ルールに関する出典:こちら)

ルール① 公道走行は禁止

ストライダーは一般公道での走行は禁止されています。
ペダルのないストライダーは、道路交通法によって公道での走行が禁止されているため、絶対に公道では乗らないようにしましょう。

おすすめの走行場所

  • 大きな公園
  • 平らな道
  • 芝生の上
うたのん

購入前に、おうちの近くにストライダーのできる場所があるかチェックしておくと良いですよ^^

ストライダー14xのペダルバイクモード時のみ、自転車として公道走行可能

ルール② ヘルメットを必ず着用する

ストライダーに乗るときは、必ずヘルメットを着用するようにしましょう。

ルール③ 子どもがストライダーに乗っているときは親は目を離さない

お子さんが走行中の際は、パパ・ママさんは目を離さず、必ず見ているようにしましょう。

まとめ

本記事ではストライダーの特徴やメリット・デメリット、知っておきたい注意点についてまとめました。

ストライダーは足で地面を蹴って走るランニングバイクのこと。
乗ることで、バランス感覚や体幹も鍛えられるなど、嬉しい効果がたくさんあります!

ストライダーのメリット・デメリットまとめ

メリット3つ
デメリット3つ
  • バランス感覚が身につく
  • 長く使える
  • ストライダー14インチを選ぶと、自転車としても使える
  • 公道を走れない
  • 場所をとる
  • 値段が高い
うたのん

小さいうちに買うと、長く使えて結果的にかなりお得になりますよ。
わが家の0歳息子はロッキングストライダーで毎日楽しく遊んでいます^^

\3歳半〜7歳のお子さんにおすすめ/

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

関連 【ストライダー】種類の違いは?おすすめは?選び方をわかりやすく解説

関連記事 【ストライダー0歳からデビュー】わが家にロッキングストライダーがやってきた!

関連記事 ストライダーはいつからいつまで?【年齢・身長別】ストライダーの選び方

コメント

コメントする

目次