エミオン東京ベイ|天然温泉付き大浴場の体験レポ!おすすめ理由・情報満載でお届け【ほほえみの湯】

うたのん

こんにちは、旅行が好きで、ホテルに泊まる際は温泉に入るのが楽しみなうたのんです。

エミオン東京ベイの「ほほえみの湯」は、宿泊者のみ入れる天然温泉付き大浴場

温泉の効能には、疲労回復・筋肉痛・関節痛・冷え性があり、ディズニーなどで疲れた体を癒すのにおすすめです。




実は、ディズニー周辺には天然の温泉に入れるホテルはほとんどありません

ディズニーパートナーホテルの中で天然温泉に入れるホテルは、なんとエミオン東京ベイだけ!
それだけでも「ほほえみの湯」に入る価値はあると言えるでしょう。

ちなみに、他に天然温泉に入れるディズニー周辺ホテルはスパ&ホテル舞浜ユーラシアです。


本記事では、「ほほえみの湯」に入る際に知っておきたい基本情報や注意点、お得情報をまとめています。

また、実際に入浴した私の体験レポートもあるので、ぜひ参考にしてください。

うたのん

露天風呂にサウナもついてる!
久々に入った温泉はリラックスできて最高でした^^

この記事でわかること
  • 天然温泉付き大浴場「ほほえみの湯」の基本情報
    時間・料金・場所など
  • 温泉の効能
  • 注意点!「ほほえみの湯」の設備はエミオンタワーとスクエアで違う!【比較表あり】
  • 体験レポート

ぜひ最後までご覧ください。

>> 「ホテル エミオン東京ベイ」宿泊レポはこちら

目次

天然温泉付き大浴場「ほほえみの湯」基本情報|エミオン東京ベイ

天然温泉付き大浴場「ほほえみの湯」の基本情報

時間

「ほほえみの湯」に入れる時間
17:00〜25:00 (最終受付:24:30)
6:00〜10:00 (最終受付9:30)

朝は6時〜10時(4時間)まで、夜は17時から深夜1時まで(8時間)と、夜は長く入れます

入口前には以下のような「現在の利用人数」が分かる看板が立っているため、見るとその時間帯の混雑状況を予想できます

現在の利用人数がわかる看板
パパ

20時代に男湯に行ったところ、利用者は自分を含めて5人でした。

うたのん

22時代の女湯は、私を含めて10名ほど。
幸い、私が露天風呂に入る時は一人でゆっくり浸かる時間はありました。

パーク閉園(21時)以降は、混み合う可能性あり!

料金【お得情報あり】

ほほえみの湯の料金表はこちら。ほほえみの湯に入れるのは、基本的に宿泊者のみ

大人小学生
一回券800円500円
一泊券1,200円800円
二泊券1,800円1,200円
ほほえみの湯 料金

小学生未満のお子さんはなんと無料!ただし、おむつが外れていないと利用できないので注意が必要です。


宿泊中、一回のみの利用で良いなら一回券を、何度も入りたい人は一泊券か二泊券の購入をおすすめします。

うたのん

わが家は一回券の購入で、夜に一度入ったのみ。
朝風呂をしたい方は、一泊券を買っても良いかもしれません。



ちなみに、下記時間帯の一回券は割引価格で入浴することが可能!

割引価格で入浴できる時間帯とその値段
6:00〜10:00 / 17:00〜20:00
大人 600円 / 小学生 300円

うたのん

上記時間にホテルにいたら、割引価格で温泉に入れてお得♪

場所

「ほほえみの湯」はエミオンタワーもスクエアもどちらも2階にあります。

手ぶらで入れる!エミオン東京ベイの大浴場にあるアメニティ一覧

男女共通のアメニティ
バスタオル・フェイスタオル・ボディーソープ・シャンプー・リンス・ベビー用全身ソープ(無添加)・ヘアブラシ・歯ブラシ・カミソリ・綿棒・コットン・ヘアドライヤー
男性用のアメニティ
ヘアトニック・ヘアリキッド・リフレッシュローション(全身)
女性用のアメニティ
洗顔料・クレンジングオイル・化粧水・乳液・シャワーキャップ
アメニティ一覧

「ほほえみの湯」の嬉しいところは、アメニティが充実しているところ!

お部屋のアメニティを持って行かなくても、大浴場に行けば置いてあり、もちろん自由に使えます。

うたのん

手ぶらで行っても温泉を楽しめる♪

温泉の効能と大浴場の設備|エミオン東京ベイ

温泉の効能

エミオン東京ベイの大浴場「ほほえみの湯」の効能は、疲労回復・筋肉痛・関節痛・健康増進・冷え性など。

詳細はこちら。

温泉の効能
泉質ナトリウム-塩化物強塩泉
泉温28.2℃
適応症疲労回復・筋肉痛・関節痛・健康増進・冷え性等
天然温泉付き大浴場「ほほえみの湯」の効能
うたのん

泉温は28.2度ですが、浴槽は40℃前後に加温されて提供されているので、ちょうど良い温度で入れますよ。

大浴場の設備

大浴場の設備も気になりますよね!

エミオンタワーとエミオンスクエアのそれぞれの設備について、写真と一緒にご紹介します。

エミオンタワーの設備

出典:ホテルエミオン公式HPより

露天風呂

出典:ホテルエミオン公式HPより

内湯(温泉・ジェットバス)

エミオンタワーには内湯2つ(温泉・ジェットバス)露天風呂サウナがあります。

露天風呂の屋根は一部開放されているため、空を眺めることもできますよ。


エミオンスクエアの設備

出典:ホテルエミオン公式HPより

内湯(温泉・ジェットバス)

エミオンスクエアには内湯(温泉・ジェットバス)とサウナはありますが、露天風呂はありません

2018年にできた建物なので、お風呂はとてもきれいです。

注意点!ほほえみの湯:エミオンタワーとスクエアの違いはなに?【比較表】

「ほほえみの湯」の設備面において、エミオンタワーとスクエアにはいくつか違いがあるので表にまとめました。

大きな違いは3つ

  1. 露天風呂の有無
  2. ミストサウナドライサウナ
  3. マッサージブースがあるか
    場所:大浴場受付横

違いを分かりやすく表にしたものがこちら!

タワースクエア
内湯(温泉・ジェットバス)ありあり
露天風呂ありなし
男湯・サウナドライサウナドライサウナ
女湯・サウナミストサウナドライサウナ
マッサージブースありなし
「ほほえみの湯」エミオンタワーとスクエアの違い


比較した結果、エミオンタワーがおすすめな人は以下の通りであることがわかりました。

エミオンタワーのほほえみの湯がおすすめな人

  • 露天風呂に入りたい
  • ミストサウナ(タワー女湯のみ)に入りたい
  • マッサージブースに行きたい

上記に当てはまる方はエミオンタワーがおすすめです^^

うたのん

利用料金・時間はタワーもスクエアも同じ!
でも上記3つの違いがあるので、違いを知って選んでね。

天然温泉付き大浴場「ほほえみの湯」体験レポート|エミオン東京ベイ

私がエミオンタワーにある大浴場「ほほえみの湯」に向かったのは夜の22時頃

息子を寝かしつけ、夫が温泉から戻ってくるのを待ってから、交代で2階にある大浴場へ行きました。


受付で温泉のチケット(一回券)を800円で購入。
支払いは「部屋付け」にし、チェックアウト時に支払うようにしました。
「部屋付け」にするには身分証や部屋のキーなどは必要なく、ホテル予約者の名前と部屋番号を紙に記載するだけでOKです。


手荷物は部屋のカードキーと財布、下着などを入れたかばんのみ。
身軽に行けるのは、大浴場のアメニティが充実しているから。
服は部屋に置いてあったルームウェア(セパレートタイプ)を着て行きました。



まず最初に入ったのは、内湯にある天然温泉
透明な琥珀色で、40度前後に加温(元の泉温は28度)された、ちょうど良い湯加減。


ゆっくり浸かって休んだ後は、隣のジェットバスに移動。
ジェットバスには血行を良くする効果があり、健康や美容にも効果的。


その後はお待ちかね、外にある露天風呂へ。
露天風呂の周りには、南国の植物が植えられ、一部開いた屋根からは空を眺めることもできました。
残念ながらこの日は曇り空。
晴れた日に来れば、もしかすると星空を眺めることもできるかもしれません。


露天風呂を出た後は、ミストサウナに入りました。
3分ほどで暑くなって出ましたが、久しぶりのサウナはとても気持ちがよかったです。


その後シャワーを浴び、もう一度天然温泉に入り、ゆっくりした後お風呂を出ました。

天然温泉付き大浴場「ほほえみの湯」の良い点

実際入浴して感じたよかった点はこちら!

  • コロナ対策がきちんとされている
    →大浴場・サウナそれぞれ人数制限あり、黙湯、アルコールスプレーの設置など
  • 天然温泉・ジェットバス・ミストサウナあり
  • 広くてきれい
  • 宿泊者のみ入れる温泉なので、あまり混雑していない(曜日や時間帯による)
うたのん

ディズニー帰りの疲れた体を癒したい!という目的は達成できたよ^^

天然温泉付き大浴場「ほほえみの湯」のイマイチな点

実際に入浴して微妙だと思った点はこちら。

  • 一回券(通常800円)の値段が割引価格と比べて200円高い

    ※朝風呂(6時〜10時)と夕方(17時〜20時) の時間は安く入れる!
    大人 600円 / 小学生 300円

  • 時間帯によっては混雑する
    ディズニー帰りの人たちで混み合う時間帯
    21時以降〜
うたのん

私が大浴場から出た後に、廊下で2組(各4~5人)とすれ違ったよ。
一緒に入っていたら、ちょっと混雑していたかも。

まとめ

いいかがでしたか?
本記事では、ディズニーパートナーホテルの中で唯一天然温泉に入れるホテル エミオン東京ベイの大浴場「ほほえみの湯」についてお伝えしました。

うたのん

宿泊の機会があれば、ぜひ「ほほえみの湯」に行って体の疲れを癒してくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

>> ホテル エミオン東京ベイ宿泊記まとめ|宿泊レポ・朝食・温泉付き大浴場の記事一覧

>> 子連れディズニーシー旅行記|0歳赤ちゃんと一緒に楽しむ方法まとめ

コメント

コメントする

目次
閉じる