【ライフスタイル】全粒粉を使って作る、ふわふわあんパンの作り方

こんにちは、うたのんです。

こし餡がたくさん詰まった美味しいあんパンが食べたい!と思い、今日は全粒粉入りのふわふわあんパンを焼きました。

我が家のあんパンレシピをご紹介します。

目次

全粒粉入りあんパンレシピ

材料

まずは材料を揃えます。

●強力粉:170g
●全粒粉:30g
●てんさい糖:20g
●塩:3g
●ドライイースト:3g
○常温の水:130ml
○無塩バター:20g
□こし餡:適量
□牛乳:適量
□白ごま(黒ごまでもOK):適量

作り方

1)まずは●のついた材料をボウルに入れます。
その際、塩とイースト菌は触れないように離して入れてください。

豆知識:塩には殺菌効果があり、イーストは菌のため、触れると発酵の効力が弱くなってしまいます。


2)材料を入れたら、イースト菌めがけて常温に戻した水をかけます。

3)続いて、材料を混ぜましょう。
こねる際は、手ごねでもいいですし、スケッパーがあればスケッパーを使ってこねてください。
叩きつける、こねるを繰り返し、生地がまとまるまでこねます。

ちなみに、我が家は「クイジナート」のパンこね用のニーダーを使ってこねました。
このニーダーがあれば5分もしないうちにパンをこねることが出来るのでとっても便利です。

4)生地がまとまってきたら、無塩バターを追加し、更にまとまるまでこねます。
まとまってきたら生地を丸め、とじ目を下にしてボウルの中に入れます。

5)ラップをかけて、30分から40分ほどかけて一次発酵します。
我が家では日差しの入る暖かい窓際で発酵させました。

発酵前の写真

6)30分後に確認すると、2倍位に膨らんでいたので指で真ん中に穴を空けました。
穴が戻ってこなければ1次発酵完了です。

7)発酵したパンのガスを抜き、8等分に分けます。
スケッパーで分けると便利ですが、なければ包丁で切って、8等分(1個あたり約45g)にします。
目分量で分けても良いですが、私はそれぞれが同じ重さになるよう秤で量って分けました。

この後、軽くラップをかけてベンチタイムで10分休ませます。
乾燥が気になるようであれば、ラップではなく濡れ布巾をかけて休ませてください。

8)10分後、軽くガスを抜いた生地に好みの量のこし餡を入れていきます。
それぞれ丸く成型し、綴じ目を下にして並べます。

9)20分から30分ほどかけて2次発酵します。
発酵に入ってから15分ほど経ったら、オーブンを200度に予熱しましょう。

10)2次発酵が終わったら、ハケで牛乳を塗り、白ゴマを好みの分量かけてください。

11)予熱が完了したオーブンで、180度に設定し、10分から15分焼成します。

完成したのがこちら!

まとめ

本日は我が家特製のあんパンレシピをご紹介しました。

夫に感想を聞いたところ、生地はふわふわしていて、焼きたてのあんこがなめらかでとろっとしていて美味しいとのことでした。
良かったらぜひ試してみてくださいね!

我が家で使っているクイジナートのミキサーはこちら↓
パンこねが楽にできて便利です。


最後までお読みいただきありがとうございました!

その他のレシピ記事を読みたい方はこちらへどうぞ↓

https://utanon.jp/blog20210923/

コメント

コメントする

目次
閉じる