2人暮らしの家計管理|年500万円の貯蓄に成功したわが家のやり方を紹介

うたのん

こんにちは、うたのんです!

今日は年間500万円以上の貯蓄に成功した、わが家の家計管理法についてご紹介します。

現在わが家は、完全に一つの財布で生活をしています。

お財布を一つにしたことで、年間あたり500万円以上の貯蓄に成功しました。


こんなにも貯蓄ができた理由は、「出て行くお金」と「使わないお金」を完全に分けたから。


つまり、夫の収入から生活費を全て賄い私の収入を全て貯蓄に回したことで、私の収入が自動的に使われずに溜まっていたからなんです。

わが家の「お財布を一つ」とは

夫の収入で全ての生活費を支払う=出て行くお金

私の収入を全て貯蓄する=使わないお金

→「出て行くお金」の財布を一つにしたことで、「使わないお金」が自動で貯まる仕組みを作った!


悩める女性

お財布を一つにしたことでお金が貯まったんだね。
財布を一つにすることのメリット・デメリットについて詳しく教えて欲しいな。

うたのん

実際にお財布を一つにしたことで感じたメリット・デメリットについてわが家の事例をお話しするね。


本記事では、わが家が財布を一つにした背景、メリット・デメリットについてわかりやすく解説します。

是非最後までご覧ください!

目次

夫婦2人の家計管理|お財布を一つにした背景

結婚前から家計管理について話し合ってきましたが、最初は財布を一つにしようとは思っていませんでした。

元々の夫の意見としては、

収入は個別に管理し、決まった金額の生活費をそれぞれ出し合おう。
ただし、自分の方が稼いでいるのでその分多く出すよ。

というものでした。

しかし、私はこの意見に猛反発しました。

うたのん

別財布だとお金の流れが見え辛いので、お互いがどの位お金を貯めているか分からないよ。

これだと将来設計がしにくいから、お金の流れを一本化したい!

当時夫は私にベタ惚れだったので、オーバーヒートしながらも、最後には私のお願いを聞き入れてくれました。



共働き夫婦の場合、お互いが決まったお金を出し合って生活をしている人は、案外多いのではないでしょうか。

しかし別財布のデメリットの一つに、お互いがいくら貯めているのかわかり辛いという問題があります。

お金の話はデリケートなので「今いくら貯めているの?」とはなかなかお互いに聞きにくいもの。

財布を一つにすることで、デリケートなお金の話も、夫婦間でしやすくなりました。


わが家では話し合った結果、夫の収入から家賃、ガス水道光熱費、食費および生活雑費など、二人の生活に関わる全ての金額を支払うことにしました。

そして、私のお給料を全て二人の貯蓄に回すということになりました。

夫婦2人暮らしの家計管理|お財布を一つにするメリット

メリット① お金が貯まる

私の収入を全額貯蓄に回すことで、結婚1年目で500万円以上の貯金を達成することが出来ました。


貯まったお金の扱いについて、夫婦で話し合った結果、生活防衛資金を除いたお金は投資に回し運用することにしました。

投資については夫の方が詳しいので、資産運用はほとんど夫に任せています。

わが家の投資スタイル
  • NISAで運用
  • ポートフォリオを組むのは夫の役割
  • 基本インデックス重視
  • 配当と株主優待を目的に日本株も一部保有
  • 短期ではなく長期的な運用を目的としている

メリット② 急な出費に対応できる・将来の計画が立てやすい

「出て行くお金」のお財布が一つだと、お金の支出が把握しやすいです。

家計簿を欠かさずつけることで、毎月いくら黒字(or赤字)なのか、大体の支出の目安が分かるようになります。


わが家では夫の収入の中でやりくりをしながら、急な出費や旅行にも対応できるように家計をやりくりしています。


そのため、もし急な出費(例:結婚式など)があっても、慌てることなく対応可能です。

また、毎月の平均支出額がわかるようになると、予算を決めて旅行をするといった計画も立てやすくなります。

メリット③ 節約意識が高まる

財布を一つにしたことで、無駄な出費は極力しないようにしよう、という意識がお互いに芽生えました。

一時的な衝動で買い物をしたり、外食を頻繁に行くよりも、投資や貯金に回したいという意識が強かったからです。

何か必要なものがあった時は、お互いに「これ必要だと思う?」と相談するので、本当に必要のないものは買わないようになりました。

どうしても欲しい物があるときは高くても思い切って購入することもあります。

貯蓄がどの位あるかもお互い把握しているため、大きな出費があっても不安を感じることはなくなりました。

メリット④ 不測の事態に臨機応変に対応できる

今回、コロナ禍での妊娠を期に仕事を辞めるという決断ができたのは、お互いが家計の収支を把握できていたため、私が専業主婦になっても家計が回せると確信できたからです。

夫婦2人暮らしの家計管理|お財布を一つにしたことで感じるデメリット

デメリット① 裁量が狭まる

わが家のルール上、スーパーでの買い物および生活必需品はお互い確認せず購入しています。

しかし、それ以外の欲しいもの(例:ゲームなど)については、個人の裁量で買うことはできません

必ず買っていいかお互いに相談するという過程が発生するので、その場で欲しいものを手に入れられずフラストレーションが溜まることも・・・。

しかし、夫婦間のコミュニケーションは間違いなく取れます。

なぜ相手が欲しいのか話し合うことで、購入後も気持ちよく過ごすことができるのは大きなメリットだと感じています。

うたのん

俺はゲームが好きだけど、うたのんはあんまりゲームはしないよね。

うたのん

うん、でもあなたがゲーム好きなことは知っているから、ゲームを買いたいと相談された時は、いつも快く承諾できてるよ。

デメリット② 外食や遊びに自由に行けない

上の話と似ていますが、当日外食や遊びに誘われた時、個人の意思で使えるお金がないため、必ず相手に確認を取る必要があり、即決できません。(お小遣い制ではないため)

うたのん

家が心地良いから、友人と遊んだりしたいと思わないけどね。

まとめ

以上のように、熱く議論しながら夫婦の財布を一つにまとめることにして、しばらく生活をする中で、いくつかのメリット・デメリットがわかってきました

メリット
デメリット
  • お金が貯まる
  • 急な出費に対応できる
  • 将来の計画が立てやすい
  • 節約意識が高まる
  • 不測の事態に臨機応変に対応できる
  • 裁量が狭まる
  • 外食や遊びに自由に行けない
うたのん

わが家では、大胆に貯金できる・節約できるなど、家計を持続的なものにするというメリットが、裁量的にお金を使えないというデメリットを大きく上回っているように思います。

わが家では財布を一つにまとめることに関して、デメリットがあまり思い浮かばなかったのですが、皆さんはどうでしょうか?

現状この方法で上手く回っていると感じるわが家ですが、今後も夫婦で話し合いながら、試行錯誤していきたいと考えています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

このブログでよく読まれている記事はこちら!

コメント

コメントする

目次
閉じる